Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.
NHK「紅白歌合戦」の総合司会を担当する有働由美子アナウンサー(44)の自宅マンションにお泊りする男性がいると今週発売の「女性自身」にスクープされた。

生活情報番組「あさイチ」も高視聴率で、すっかり“NHKの顔”になっている有働アナ。

サバサバとした話し方と歯に衣着せぬ発言で、お茶の間のファンを掴んでいる有働アナだが、実らぬ恋の連続だった。

00年にはプロ野球選手との熱愛発覚。

03年には慶応大卒の大手代理店の広告マン。

05年には東大卒の公認会計士とも浮名を流したこともあった。

アメリカに転勤した07年には、米国在住の日本人男性との交際も明らかになっていたが、帰国後、破局していた。

「女性自身」によると、仕事を終えて自宅に帰った有働アナは、男性連れで外出。

自ら男性の腕に手を回し、駅前のスーパーや輸入食料品店でラブラブ振りを見せていたそうで、買い物が済むと有働アナのマンションに消えたそうだ。

翌朝、迎えのハイヤーで出かけた有働アナ。

男性が出てきたのは10時を回っていたという。

合鍵を持っているらしい。

という事は、同棲中かな。

「女性自身」の直撃に「この年齢になると“彼氏だから”という縛りはないんですよ。大人の男性と女性ですから普通に食事をしたり親しくすることもあるんじゃないでしょうか。ひとつ言えるのは、44歳のおばちゃんなんで、自由にさせてくださいってこと。結婚とか形にこだわるような年齢ではないので」と、答えているが、バレなきゃいいなと思っていたんだろうな。

でも、まだまだ44歳。

自分で“おばちゃん”というには、早いですよ。

はっきり、恋人宣言しちゃえばいいのに。
2013/11/25(月) 21:14 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
女優の加藤あい(30)が、11月22日の“いい夫婦の日”に、7歳年上の会社役員と結婚するという。

数年前からの知り合いだったが、春頃から急接近、結婚することになったようだ。

加藤が、語学留学でニューヨークに行っていたときに、仕事で渡米していた彼と会い、食事する機会が生まれた。

互いに食べることや旅行が好きということが、結婚の決め手になったようだ。

ニューヨークで、加藤が「スンドゥブチゲを食べたいけど、ちょっと体調が悪いからサムゲタンにしようかな」と考えていると、彼は「じゃあ両方行きましょう」と提案したそうだ。

「私は、お店をはしごするほど食べることが好きなので“同じ感覚だ”って思って、すごくうれしくなりました」と、きっかけを明かした。

ボクシングやトライアスロンが趣味というスポーツマンで「顔は個性的。居心地が良く、かわいいクマさんみたいな人」らしい。

彼は、加藤の「(人柄が)暖かいところ」が好きだそうで、加藤は「ウキウキ浮足立っていた若いころの恋愛とは違って、最初からパートナーのような安心感、包容力がありました」と。

「お家でご飯を食べて晩酌しながらいろいろ話す時間が幸せなので、ずっと続いたら。子供も1人か2人欲しいな」と言った加藤。

8月にハワイ婚前旅行をしたときに、浜辺で結婚指輪を渡され「結婚してください」とプロポーズされ、即「よろしくお願いします」と、返事をしたそうだ。

挙式は来年春以降で、仕事は続けるという。
2013/11/13(水) 21:10 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
飄々とした人柄で、最近は「半沢直樹」「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」などで、好演していた俳優・宮川一郎太(47)が、バラエティ番組「くりぃむしちゅーのまいったなぁ互助会」の中で明らかにした。

宮川は、90年にフリーライターの山田佳奈子さんと結婚、ふたりの子供に恵まれたが、喧嘩が絶えない毎日だったようだ。ある日、口げんかの延長で宮川が「出て行け」と、暴言を吐いたら「出て行くわよ」と、小学2,4年の娘を置いて出て行ってしまったそうだ。世間に公表するわけにも行かず、地獄のような日々が続いたとも。ふたりの娘の世話、仕事との両立。「地獄のような生活だった」と、振り返る。

2年後、妻が戻って4人の生活が始まったそうだが“ 覆水本に返らず”で、05年に離婚していた。公表を避けたのはふたりの娘への配慮。離婚で子供たちが、学校でいじめられることを避けたようだ。

カミさんに出て行かれても耐え、戻ってきても耐えた4年間。
宮川の子供たち、関係者に対する優しさだったんだろうね。
それにしてもよく8年間も発覚しなかったね。
2013/11/09(土) 18:45 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
「上を向いて歩こう」の大ヒットで知られ、28年前の日航機墜落事故で亡くなった歌手の坂本九さん(享年43)の次女で歌手・女優でドッグセラピストの舞阪ゆき子(36)が、来年1月に、交際中の男性(35)と結婚することを自身のブログで発表した。

8年前のハローウィンで知り合い、愛に発展、順調に交際を続けてきたようだ。
舞阪は「たくさんの日々を共に過ごし、たくさん泣き笑い絆を深めて参りました」と、彼との愛を告白。「年齢は一つ年下の彼でありますが(そうです。金のわらじを履いて探して下さいました。笑)どんな時もスーパーマンの様に助けてくれ、時には父親の様に叱り、成長させてくれます」と綴り、「これから一歩ずつ、父と母の様に、お互いを尊敬し、思いやる気持を忘れない明るく伸びやかな家庭を築いて参りたいと思っております(中略)。これからも変わらず いえ、新たな気持ちで舞ペースに家庭を大切にし動物と人との絆を深めるための様々な活動に真摯に取り組んで参りたいと思います」と。

舞阪は96年に難関の宝塚歌劇団に入学。月組・雪組で活躍してきたが02年に退団しドラマや映画で活躍してきた。姉の大島花子(40)は、06年に結 婚して、09年12月に長女を出産している。
ふたりの母、女優・柏木由紀子(65)は、38歳で夫を亡くし、ふたりの娘を立派に育て上げた人だった。
2013/11/01(金) 23:31 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.